中国人民元先物:5週ぶりの低水準-中国政府は景気重視との観測

中国人民元先物は22日、5週間 ぶりの低水準に下落した。中国政府当局者が景気支援のため今後数カ 月は人民元とドルの連動性を維持する姿勢を示唆したことが材料とな った。

中国の陳徳銘商務相は21日に北京で開催されたフォーラムで、 中国に対し人民元高容認に向けた圧力をかけることは「誰の利益にも ならない」と指摘、通貨問題で制裁措置を検討する米国をけん制した。 19日にインド準備銀行(中央銀行)が2008年7月以来となる利上げ を行ったことも、ドル高につながるとともに人民元の先高観を後退さ せた。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の元先物(ノンデリバ ラブル・フォワード、NDF)は香港時間午後5時半(日本時間同6 時半)現在、前週末比0.25%安の1ドル=6.6790元。一時、2月 10日以来の低水準となる6.6881元を付けた。先週末は6.6620元。 現物相場は6.8266元で、先物は現物が今後1年で2.2%上昇すると の予想を示唆している。

--Belinda Cao. Editors: Sandy Hendry, Shanthy Nambiar

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net    Edito: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Belinda Cao in Beijing at +86-10-6649-7570 or lcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net.

%CNY

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE