米下院、医療保険改革法案を可決-内政上の最重要課題

米下院は21日、約40年間で最も 包括的な医療保険改革法案を可決した。医療業界に対する規制の変更 や数千万人に及ぶ無保険者の削減を目指す。

下院本会議は賛成219対反対212で同法案を可決、内政上の最重 要課題と位置付けていたオバマ米大統領にとって大きな勝利となった。 大統領は直ちに署名し、正式に成立する見込み。

ただ、賛成票を投じたのは民主党議員だけで両党の対立が浮き彫 りとなり、11月の中間選挙で医療保険問題が決定的な争点となること は確実となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE