【主要朝刊】強風で欠航100便超、住商イラク進出、三菱重が年金減額

朝刊各紙の主なニュースは以下の 通りです。

【各紙】 ▽強風で欠航100便超、26地点で観測史上最大-1人死亡59人けが ▽公明党の神崎元代表が引退へ、世代交代を促進する狙い

【日経】 ▽三菱重工:年金減額へ、現役と一部OB対象 ▽大塚内閣府副大臣:法人税下げ公約に、30%切る水準で ▽政府方針:自衛隊機を民間転用、次期哨戒機を旅客用に輸出 ▽薬品大手:新型バイオ医薬品を相次ぎ商品化 ▽住商:イラクに営業拠点、イラク戦争後日本企業で初 ▽仙谷国家戦略相:外国人医師の診療容認へ-日本の免許不要

【読売】 ▽内田洋行が全国学力テストの受託へ―空自調達で処分寸前でも ▽原口総務相:公務員採用の抑制も-ソウル市内で記者懇談 ▽岡田外相:ハイチ復興支援を増額へ、90億円規模に

【朝日】 ▽建設再検証のダムは半数以下-道府県55事業方針で同紙調査 ▽大手住宅メーカーが海外展開、国内不振で「住」輸出へ

【毎日】 ▽11年春入社の新卒採用を6割の主要企業が抑制-主要100社調査 ▽総務省:「消えた年金」問題を判断する年金第三者委の廃止を検討

【東京】 ▽「デフレ懸念」80%、収益悪化とリストラ不安-全国世論調査

【産経】 ▽参院選前にも新党結成を視野、中田前横浜市長ら ▽大塚内閣府副大臣:消費税10%台半ばを目安

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE