最も読まれた日本語記事(前週)-首位「解雇通知パーティーから1年」

前週(3月14日-20日)に最も 読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通り。 {JREAD}画面に基づき21日夕刻時点で集計(番号をクリックすると記 事が表示されます)。

1.日本初ピンクスリップパーティーから1年、外資投資銀の雇用変化 2.野村のバンカー片山氏が退職、日本、アジア、欧州で流出急増 3.米ゴールドマン:野村の増田氏を資本市場CBのヘッドに採用 4.ベルギーのKBC:BNPパリバに日本の証券子会社を売却へ 5.FOMC:「長期にわたり」異例の低金利を継続へ 6.日本株は反落、金融政策日程過ぎ内需売り-ユーロ安で精密崩れ 7.野村の欧州責任者サイード氏退職へ-リーマン部門買収立役者 8.プラダ:日本支店で容姿などを理由に従業員解雇との報道を否定 9.日本株は4日ぶり小反落、資源一角に売り-円高進み電機弱含む 10.ドイツ銀:「リスクテーカー」の2009年ボーナスは計2730億円

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE