NY外為(19日):ドルと円が上昇、インド利上げに反応

ニューヨーク外国為替市場では ドルと円が主要通貨に対して上昇。インド準備銀行が利上げを実施 したほか、ダウ工業株30種平均が9営業日ぶりに下落したことか ら、高成長国通貨への需要が後退した。

ユーロはドルに対して週間ベースで1月以来最大の下落。ギリ シャが欧州連合(EU)からの金融支援確保に失敗するとの懸念か ら、売りが膨らんだ。英ポンドはすべての主要通貨に対して下落。 イングランド銀行の金融政策委員会(MPC)メンバー、アンドル ー・センタンス氏が、英景気は「二番底」に陥る可能性があると指 摘したことが背景。

みずほコーポレート銀行の米通貨セールス担当責任者、ファビ アン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は、「株式相場が見事な 下落基調にあり、安全資産に資金が流れている」と指摘。「ギリシ ャ問題は解決から程遠く、それがドルに対しユーロを圧迫し続ける だろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時23分現在、ユーロはドルに対して 前日比0.5%安の1ユーロ=1.3538ドル(前日は同1.3608ドル)。 週間ベースではユーロは対ドルで1.7%安。ユーロは対円で0.4% 安の1ユーロ=122円45銭(前日は同122円99銭)。ドルは対円 でほぼ変わらずの1ドル=90円44銭(前日は同90円39 銭)。

インドの利上げを受けて、市場では景気刺激策の解除が世界的 な経済成長の抑制につながるとの観測が強まった。ダウ30種平均 は0.4%下落。

インド中銀の利上げ

インド準備銀行は、インフレ率が1年4カ月ぶり高水準となる 中、物価上昇の調整が「不可欠」になったと表明した。声明によれ ば、同中銀はリバースレポ金利を3.5%と、過去最低だった3.25% から引き上げた。レポ金利も5%と、従来の4.75%から引き上げ られた。インド中銀はこの日、1カ月後に予定されていた政策会合 を待たずに決定した。

BNPパリバのシニア為替アナリスト、ティオ・チンルー氏(シ ンガポール在勤)は顧客向けリポートで今回の利上げについて、「市 場ではほかのアジア各国の中央銀行もまもなく追随するサインだ と解釈される公算が大きい」と指摘。「実際に、インド中銀の発表 直後には世界中の資源国通貨が打撃を受けた」と述べた。

南アフリカ・ランドはドルに対して続落。一時は0.9%安まで 売り込まれた。貴金属価格の値下がりで、同国企業の収益が損なわ れるとの見方が広がった。

ニューヨーク金先物相場4月限は5日ぶりに下落し、前日比

1.8%安。ドルの上昇で代替投資先としての魅力が薄れた。

「最後の貸し手」

ユーロは週間ベースで、ほとんどの主要通貨に対して下落した。

ノーベル経済学賞受賞者のロバート・マンデル氏は、欧州各国 がギリシャ財政危機の解決策を議論するに当たって、国際通貨基金 (IMF)は「最後の貸し手」としてのみ考えるべきだと指摘した。

マンデル氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、 ユーロは依然として「安全域」にあり、1ユーロ=1.25-1.30ド ルに値下がりすれば、ユーロ圏にはプラスになるとの見方を示した。

英ポンドはドルに対して続落、ユーロに対しては4日ぶりに下 げた。イングランド銀行のセンタンス氏は、CNBCとのインタビ ューで、英国には景気の二番底のリスクが若干あるとの認識を明ら かにした。さらに、英国は「相当な」財政引き締めが必要になると 指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE