FDIC総裁:上院の金融改革法案に懸念、「裏口救済」生み出す恐れ

米連邦預金保険公社(FDIC) のベアー総裁は、米上院銀行委員会のドッド委員長が提示した金 融改革法案は米連邦準備制度理事会(FRB)の融資権限を利用 した「裏口救済」を生み出す恐れがあると述べた。

ベアー総裁は19日、フロリダ州オーランドで開かれた会議に出 席し、金融改革法案に盛り込まれているFRBの流動性供給を認 めた項目について「深刻に懸念している」と述べた。同法案では経済 が極度の緊張状態にある場合はFRBによる市場への流動性供給を認 めている。

FRBは2008年の信用危機時、緊急権限を行使し、融資ファシ リティーを設立、米証券ベアー・スターンズや米保険アメリカ ン・インターナショナル・グループ(AIG)を救済した。米議 員らは、最後の貸し手として、問題のある金融機関にも融資できるF RBの権限を批判していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE