ロシア中銀が利下げを継続する「公算大きい」-クドリン財務相

ロシアのクドリン財務相は、利下 げを続けるロシア中央銀行が今後も金融緩和を継続する必要があるだ ろうとの見通しを示した。通貨ルーブルの上昇に加え、融資の伸びが 中銀見通しに達しなかったことを理由に挙げた。

同相は19日にモスクワで開かれた金融関係者を対象とした会議 で、ロシア中銀が「利下げを継続する公算が大きい」と述べた。ルー ブル高がロシア輸出企業の回復見通しを「難しくしている」とも指摘 した。財務省は今年の銀行融資の伸び率を5-10%と見込んでおり、 中銀が1月に示した見通しを大きく下回っている。

ブルームバーグがまとめた調査によると、ロシア中銀は今月、主 要政策金利であるリファイナンス金利を過去最低となる8.25%まで 引き下げると見込まれている。これが実施されると、ここ1年で12 回目の利下げとなる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE