ECB総裁:CDS市場の透明性向上「非常に強く」推進

欧州中央銀行(ECB)のトリ シェ総裁は、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の 透明性向上を強力に推し進める考えを示した。

同総裁は19日、ブリュッセルで記者団に「今の時期には、適 切な透明性をいわば強制するのが最良の道だと私は考える。透明性 は非常に重要だ。リスクをより良く理解することも必要だ」と語り、 「このため、われわれは大西洋の両岸で、この方向への動きを非常 に非常に強く推進している」と語った。

欧州連合(EU)は投機のみを目的としたCDSの売買を禁止 する可能性を示唆している。

トリシェ総裁は、「金融商品について投機的な正しくない使い 方をすべきではない」とし、「私を含め各国の規制当局は効果的な 方法で協調して調査し、行動するための適切な道具を持つべきだと する見解を共有している」と語った。

また、CDS市場の復元力を高めるための「最優先課題」は中 央集中的なカウンターパーティー(取引相手方)機関を整備するこ とだとも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE