中国株(終了):上昇、週間ベースで5週ぶり大幅高-資源株が高い

19日の中国株式相場は上昇。週間 ベースで5週ぶりの大幅高となった。中国アルミの親会社がアフリカ の鉄鉱石鉱山の権益取得で合意したことや銅相場の上昇が好感され、 資源関連株が値を上げた。

アルミニウム生産で国内最大の中国アルミ(チャルコ、601600 CH) は、昨年10月以来の大幅上昇。山東南山アルミ(600219 CH)は3.5% 高、江西銅業(600362 CH)は2.2%上げた。また、保利房地産集団 (600048CH)や中糧地産(集団)(000031 CH)を中心に不動産開発株が 上昇。中国当局が、不動産開発を中核事業としない国有企業に事業撤 退を求めたことが手掛かり。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比21.66ポイント(0.7%)高の3067.75 で終了。午前の下げ幅を帳消しにし、週間上昇率は1.8%となった。 上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日比

0.8%高の3293.87。

好望角股權投資管理(上海)の鄭拓社長は「資源会社は商品相場 の反発局面で最初にその恩恵を受けるため、海外投資を通じて資源保 有を積み増すことは効果的だ」と語った。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE