民主:5月末に参院選マニフェスト、7月11日投票想定-細野氏

民主党は19日、党本部で参院選 のマニフェスト(政権公約)策定のための企画委員会の第1回会合 を開き、7月11日投開票を想定して5月末までに最終案決定を目指 す方針を決めた。同委終了後、メンバーの細野豪志副幹事長が記者 団に明らかにした。

同党にとって夏の参院選は昨年9月に政権交代を実現させ、与 党として臨む初の国政選挙。同委には党側から高嶋良充筆頭副幹事 長、政府側から仙谷由人国家戦略担当相、古川元久内閣府副大臣ら が参加し、政府・党が一体となって作業を進めることになる。

細野氏は「7月11日投開票を想定すると印刷もあるので5月末 に形にしないと選挙に間に合わない」と語った。

今後は、「国民生活研究会」(委員長・中野寛成元衆院副議 長)、「分権・規制改革研究会」(委員長・玄葉光一郎衆院財務金融 委員長)、「成長・地域戦略研究会」(大畠章宏衆院国家基本政策委 員長)の3研究会に希望議員全員を参加させて具体策を議論。5月 10日ごろまでに研究会の提案をまとめた上で、鳩山由紀夫首相を議 長とし、小沢一郎幹事長、菅直人副総理兼財務相らで構成する政権 公約会議で同月末までに最終案をまとめるという。

Editor: Hitoshi Sugimoto 参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE