米大統領選資金集め担当のネマジー被告、詐欺行為で有罪認める

2008年の米大統領選挙で民主党 候補指名を争ったオバマ大統領、クリントン国務長官の資金集めを 担当したハッサン・ネマジー被告が、銀行から数百万ドルをだまし 取ったことを認めた。

ネマジー被告は18日、ニューヨークの連邦地裁で、米シティグ ループと英HSBCホールディングス、米バンク・オブ・アメリカ (BOA)に対して詐欺を働いたとして有罪を認めた。ネマジー被 告が昨年8月に逮捕された後、検察側は同被告が銀行から2億9200 万ドル(約260億円)をだまし取ったと主張していた。

同被告は連邦地裁のシドニー・スタイン判事に対し、「自らの行 為を深く恥じている」と述べた。

-- Editors: Mary Romano, John Pickering

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: David Glovin in New York federal court at +1-212-732-9245 or dglovin@bloomberg.net, and Kambiz Foroohar in New York at 1-323-782-4221 or kforoohar@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE