HSBCグローバル、中国の銀行株を購入-不良債権は懸念せず

中国の新規融資が過去最高に達し、 不良債権の増加やインフレ加速が懸念されるなかで、HSBCグロー バル・アセット・マネジメントは同国の銀行株を購入した。

HSBCグローバル・アセット傘下ハルビスの株式投資ディレク ター、マンディ・チャン氏は、プロジェクトファイナンスに絡む不良 債権は2012年まで問題化しないとの認識を示した。

チャン氏は香港でインタビューに応じ、「地方金融機関や融資の 加速、資産価値を懸念しているが、プロジェクトファイナンスに絡む 不良債権は2年後まで問題にはならないだろう」と語った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、中国の上場銀行は資 本増強のため2009年7-12月(下期)以降、社債と株式の発行を通 じてすでに約1500億元(約2兆円)を調達している。中国銀行や中国 交通銀行などは、さらに1050億元を調達する計画を明らかにしている。

チャン氏は「当社では銀行株の投資判断を『アンダーウエート』 としているが、さらなる資金調達計画の発表以後、希薄化はさほど深 刻ではないことが分かった」と指摘。「不透明感が払しょくされたの で2月に銀行株を購入した」と述べた。具体的な銀行名に言及するこ とは避けた。

-- With assistance from Luo Jun in Shanghai. Editors: Nick Gentle,Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or hwan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey in Hong Kong at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE