伊エネル:再生エネルギー部門のIPO、アドバイザー選定へ-CEO

イタリアの電力最大手エネルは 再生可能エネルギー部門エネル・グリーン・パワーの新規株式公開 (IPO)計画で、今月中にアドバイザーの選定に着手する方針だ。 実現すれば、欧州企業としては2007年以来最大規模のIPOとなる 可能性が高い。

エネルのフルビオ・コンティ最高経営責任者(CEO)は18日、 ロンドンでインタビューに対し、投資銀行に早ければ来週打診する 可能性があると述べた。6月にもIPOを実施するため、4月末ま でにアドバイザーの選定を完了する方針という。

エネル・グリーンの業績見通しを基にしたアナリストの推計に よると、エネルは同部門の株式の最大49%を売却し、約40億ユー ロを調達する可能性がある。そうなれば、欧州企業のIPOとして はスペインのイベルドローラ・レノバブレス(45億ユーロ)以来最 大の規模となる。

エネル・グリーンは、欧州と米州の17カ国・地域で風力、太陽 光、地熱、バイマス、水力発電事業を展開している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE