米医療保険改革法案、採決へ前進-修正案に新たな措置盛り込む

米民主党議員らは、医療保険改革 法案は数日以内に可決されるとの見通しを示した。同法案には、財政 目標達成に向け、新たな課税や費用の支払いが盛り込まれた。

18日に公表された法案は、昨年12月に上院を通過した法案を、 民主党下院議員らの懸念を解消する形に修正したもので、予算規模は 10年間で9400億ドル。修正法案では保険に加入しない人への罰則を 軽減したほか、高額所得者の投資収益に対する新たな課税も導入した。

オバマ大統領と民主党議員は、法案が成立すれば、無保険の国民 3200万人が保険に加入することになるほか、医療費上昇を抑制し、 連邦財政赤字を削減できると主張している。

民主党のペロシ下院議長(カリフォルニア州)は記者団に対し、 「これは歴史的な出来事だ」と指摘。21日にも下院で採決が実施され る見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE