イオンクレ株安い、利息返還損失と海外融資苦戦で前期業績下方修正

イオン系カード会社のイオンクレ ジットサービス株が、一時前日比1.6%安の1019円と売り優勢。国内 で利息返還損失が膨らんだほか、与信審査を強化した海外事業で融資 関連収益の回復が遅れ、前期の連結業績が従来計画に届かなかったも よう、と18日発表。収益環境の厳しさが嫌気されている。

前期(2010年2月期)の連結純利益は前の期比99%減の1億7000 万円と、従来予想の6億円から下振れたもよう。国内では、総量規制 の導入に備えて貸倒引当基準を厳格化し、貸倒関連費用が増加。この ほか、事業構造の転換を加速させるため、新規事業への投資を強化し たこともコスト増につながった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE