アイスランドの預金補償めぐる問題、パリクラブで協議-RUV

アイスランド大手銀行ランズ バンキ・イスランズの破たんに伴う海外居住者の預金の補償問題 をめぐって同国と英国・オランダが争っている問題は、主要債権 国会議(パリクラブ)で取り上げられている。アイスランドの国 営放送RUVが情報源を明示せずに伝えた。

RUVによると、パリクラブ参加国は、アイスランドが英国 とオランダの預金者への返済に充てるため両国から受け入れた融 資53億ドル(約4800億円)について利払いを拒否するという前 例を作ることに懸念を表明している。

1956年結成のパリクラブは、債務国が直面する返済問題に対 処する債権国の非公式会合。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE