欧州のシェールガス開発:米のようなブーム期待できず-環境面で反対

米国はシェール(頁岩層)の天然 ガス開発で世界最大のガス生産国になった。地質学者らは欧州でも英国 北西部からウクライナにかけての地域で同様の地層が広がっている可能 性があるとみているが、この地域での開発で収益性を確保するのはかな り困難な見通しだ。

シェールガス開発のためには数百カ所のガス井を掘削し、頁岩層を 水や化学物質で粉砕する必要があり、人口密度の高い欧州では環境面で 反対の声が上がりそうだ。このことは、ロシアのガスプロムが新設する バルト海と黒海を経由するパイプラインを通じてガスを供給できる顧客 企業が数多く見込まれることを意味する。同社は欧州のガス供給の約 25%を占める。

英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェルの戦略問題担当マネジャ ー、ジョン・バリー氏はインタビューで「欧州におけるロシア産ガスの 将来は非常に明るい」と指摘。「欧州には非常に多くの非在来型ガスが 埋蔵されているが、開発は極めて初期的な段階だ」と述べた。同社は既 に、スウェーデンでのシェールガス開発計画で市民からの反対に直面し ている。

----With assistance from Stephen Bierman in Moscow, Tara Patel in Paris, Ben Farey, Morwenna Coniam, Brian Swint and Andrea Catherwood in London and Nicholas Comfort in Frankfurt. Editors: Stephen Cunningham, Will Kennedy.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: Eduard Gismatullin in London at +44-20-7673-2268 or egismatullin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Will Kennedy at +44-20-7073-3603 or wkennedy3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE