米AIG航空機リース部門の社債保証コスト、3日連続で低下

18日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場では、米保険会社アメリカン・インターナシ ョナル・グループ(AIG)の航空機リース部門、インターナショナ ル・リース・ファイナンス(ILFC)の社債保証コストが3営業日 連続で低下。同部門は17日に総額20億ドル(約1800億円)相当を起 債。2年ぶりの社債発行となった。

ILFC債のCDSスプレッドは、28ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の464bpと、米政府によるAIG救済の1週 間前に当たる2008年9月8日以来の低水準。スプレッド低下は通常、 投資家心理の改善を示す。

CMAデータビジョンによると、AIG債のCDSスプレッドは 7bp上昇して312bp。

北米企業の信用リスクの指標であるマークイットCDX北米投資 適格指数のスプレッドは2カ月ぶり低水準から上昇に転じた。マーク イット・グループの調べでは、同指数は1.5bp上げて84bp。バー クレイズ・キャピタルとCMAによれば、17日は一時81.5bpと、1 月14日以来の低水準を付けていた。

-- Editors: Mitchell Martin, Michael Weiss

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe、Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Shannon D. Harrington in New York at +1-212-617-8558 or sharrington6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE