インド株(終了):2カ月ぶり高値-格付け見通し引き上げを好感

インド株式相場は2カ月ぶり高値 となった。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) がインドの格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」から「ステーブル (安定的)」に引き上げたことを好感した。

インド2位のソフトウエアサービス企業、インフォシス・テクノ ロジーズは1.8%上昇。ダム建設を手掛けるジャイプラカシュ・アソ シエーツは2カ月ぶり高値で引けた。S&Pは18日に電子メールを 通じ、インド経済は「力強い」成長路線を進むとの見方を示した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

29.18ポイント(0.2%)高の17519.26と、1月18日以来の高値 で終了。方向感のない展開の末、取引終了直前の15分間に上昇した。

インフォシス(INFO IN)の終値は2787.60ルピー。インド2 位の銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は1.6%上げ963.65ル ピー、ジャイプラカシュ(JPA IN)は2.6%高の152.15ルピーで 引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE