米フェデックス:12-2月は大幅増益、通期見通し引き上げ

小荷物輸送最大手、米フェデック スの2009年12月-10年2月(第3四半期)決算は、純利益が前年 同期比で2倍余りに増加した。アジアと欧州が好調だった。

同社が18日発表した資料によれば、純利益は2億3900万ドル (1株当たり76セント)と、前年同期の9700万ドル(同31セント) から拡大。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト18人の 予想平均は1株当たり73セントだった。売上高は6.9%増の87億ド ル。

同社はまた、2010年5月通期の1株当たり利益が最大3.80ドル になるとの見通しを示した。従来は最大で3.75ドルを見込んでいた。 3-5月(第4四半期)の1株当たり利益は1.17-1.37ドルを見込 んでいる。アナリスト18人の予想平均は1.25ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE