インド格付け見通し、「ステーブル」に引き上げ-S&P

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は、インドの信用格付け見通しを「ステーブ ル(安定的)」とし、従来の「ネガティブ(弱含み)」から引き上げ た。経済成長加速が政府の財政赤字削減の取り組みを支えるとの楽観 的な見方を理由に挙げた。

S&Pは電子メールで配布した発表資料で、見通し引き上げは 「インドの財政が今から回復し始める可能性があり、同国経済は引き 続き力強い成長路線を進むとの見方を反映したものだ」と説明した。

S&Pは、インドの自国通貨・外貨通貨建て長期格付けを投資適 格級最低の「BBB-」に据え置いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE