香港株(終了):反落、原油安で資源株下げる-中国移動は上昇

香港株式相場は反落。原油相場の 下落を受けて資源株が売られた。一方、中国の携帯電話サービス会社、 チャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)は増益を発表し、上昇した。

沖合石油探査で中国最大手の中国海洋石油(Cnooc、883HK) は1.2%安。上海石油化工(338 HK)は1.6%下落した。ペトロチャイ ナ(中国石油、857 HK)も0.7%安。

ギリシャ最大の港湾での設備を運営する中遠太平洋(コスコ・パ シフィック、1199 HK)は0.5%安。ドイツのメルケル首相率いる与党 キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の議員が、ギリシャは 最終的に、支援を必要とするならば、国際通貨基金(IMF)に求め るべきだと述べたことが嫌気された。

契約者数で世界最大の携帯電話サービス会社、チャイナ・モバイ ルは1.2%上昇。同社の2009年10-12月(第4四半期)決算は、純 利益が前年同期比3.3%増加した。

ハンセン指数は前日比53.82ポイント(0.3%)安の21330.67で 終了。この日は方向感のない展開に終始した。ハンセン中国企業株(H 株)指数は前日比0.2%安の12208.36。

IGインベストメントで運用に携わるティム・レオン氏(香港在 勤)は「相場の動きはまだ荒い。何が起こるか分からないからだ」と して、「投資家は依然として非常に慎重姿勢だ」と話した。

ニューヨーク原油先物相場はアジア時間18日の時間外取引で下 落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は一時、 前日比83セント(1%)安の1バレル=82.10ドルを付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE