米グーグル:中国で一部事業継続の公算、検索撤退でも-英タイムズ

インターネット検索最大手、米グ ーグルが中国市場向け検索から撤退する可能性が高まっているものの、 そうなった場合でも中国で一部の事業活動を維持する見込みだ。英紙 タイムズ(オンライン版)が、中国当局のネット検閲に反発している グーグルの交渉に近い関係者の話として報じた。

同紙によると、グーグルは北京に調査開発センターと複数の広告 販売オフィス、携帯電話・ブラウザー事業を残す公算がある。中国音 楽の検索や知識・情報を交換するいわゆるナレッジマーケットの中国 版など一部のウェブサービスを続ける可能性があるという。

同紙は、中国当局との関係に改善が見られれば、これら一部事業 の継続が、グーグルによる検索サイト再開の基盤になる公算があると の見方を示した。

(記事はここをクリック

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 Fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: {Alan Purkiss} at +44-20-7330-7760 or apurkiss@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE