伊エネル:09年は予想上回る1.9%増益-債務削減で減配へ(Update1)

イタリアの電力最大手、エネルの 2009年通期決算は一時的な利益が寄与して増益となった。同社は債務 削減に向けた減配を発表した。

同社が18日発表した資料によると、09年の純利益は前年比1.9% 増の53億9500万ユーロ(約6650億円)となった。スペインの建設会 社アクシオナへの資産売却に伴う一時利益9億7000万ユーロが寄与 し、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト19人の予想値51 億ユーロを上回った。

エネルは、配当を49%減らして1株当たり0.25ユーロとする予 定。EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は今 年も来年も横ばいの見込みという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE