中国海外発展:09年通期は48%増益-住宅販売が好調

中国建設省傘下の不動産開発会 社、中国海外発展の2009年通期決算は、前年比48%増益となった。 中国政府による景気刺激策で住宅販売が大きく伸びたことが寄与し た。

同社の香港証券取引所への届け出によると、純利益は74億 7000万香港ドル(約870億円、1株当たり0.915香港ドル)と、 前年の50億5000万香港ドル(同0.64香港ドル)を上回った。ブ ルームバーグ・ニュースがアナリスト12人を対象に実施した調査で は、65億5000万香港ドル(予想平均)が見込まれていた。売上高 は373億香港ドルと、前年からほぼ倍増した。

中国の不動産価格は、過去最高水準の新規融資を背景に購入意 欲が高まるなか、2月まで9カ月連続で上昇。政府に市場を冷やす 対策を促すことになっている。中国海外発展の中国本土での不動産 販売は昨年81%増の470億香港ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE