ドイツ銀CEO:ギリシャ救済は必要、「火の燃え広がり」阻止で

ドイツ銀行のヨゼフ・アッカー マン最高経営責任者(CEO)は、ギリシャの「火の手」が他国へ と広がりドイツの銀行に損失をもたらすことがないよう、同国を救 済する必要があるとの見解を明らかにした。

アッカーマンCEO(62)は18日、フランクフルトで開かれ た金融関連会議で、「われわれは、伝染の問題を回避するため、ギ リシャを支援する必要がある」と言明。「火が燃え広がる前に消火 しなければならない」と強調した。

同CEOは「われわれがギリシャの安定化を図れない場合、そ の次の問題は銀行になるだろう」とした上で、「救済の是非という 問題に帰着するなら、救済すべきだとわたしは確信している」と語 った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE