イオン:企業年金制度を改革、前期200億円の最終黒字に転換-日経

イオンは4月1日付で企業年金制度 を改革すると日経テレコンが18日報じた。現役社員約3万5000人を対象 に、年金の支給開始を60歳から原則65歳に繰り下げて確定給付年金の実 質的な給付額を減らす一方、確定拠出年金への拠出額を増やすなどして 社員の老後の所得に配慮する。企業年金の積み立て不足が解消すること から、2010年2月期に約100億円の特別利益を計上、最終損益は200億円 程度の黒字(前の期は27億円の赤字)となったようだとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE