ウォルマート:人民元建て債、香港で起債検討-アジアCEO

(発言や背景を追加します)

【記者:Shelley Smith、Frank Longid】

3月18日(ブルームバーグ): 小売り最大手の米ウォルマート・ ストアーズが中国人民元建て社債の香港市場での起債を検討している。 同社アジア部門のスコット・プライス最高経営責任者(CEO)が17 日、香港オフィスでのインタビューで明らかにした。

プライスCEOは、同社が香港での人民元建て起債を「検討して いる」と述べた。こうした動きは地域社会や中国の金融システムを支 援しようという自社の姿勢の表れだと説明した。

同CEOは「ウォルマートは長期間にわたってアジアにあり、中 国にある」と指摘。「われわれが中国経済の構築を手助けする責任を感 じていることを中国の人々に理解」してもらいたいと述べた。

金融業界での香港の地位を高め、人民元の利用促進に関する香港 の役割を拡大する取り組みに基づき、香港では2月に外国企業が人民 元建て債を発行できるようになった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE