元五輪体操金メダリスト創設の李寧、09年通期は31%増益-出店拡大で

元五輪体操金メダルリストの李寧 氏が会長を務めるスポーツ用品製造・販売会社の李寧は、2009年通期 (1-12月)利益が31%増加したと発表。中国市場での新規出店拡大 と新商品の投入が寄与した。

同社が17日に香港証券取引所へ提出した決算発表によると、純利 益は9億4500万元(約125億円、1株当たり0.896元)と、前年度の 7億2130万元(同0.69元)から急増。ブルームバーグが集計したア ナリスト8人の予想中央値(9億1850万元)を上回った。売上高は前 年比25.4%増の84億元だった。

同社は昨年、李寧ブランドの店舗を中国全土に1004軒(純増数)、 出店した。総店舗数は7249店となり、08年度を16%余り上回る。同 社は発表文で、店舗の5分の4は潜在成長率の高い、中小都市での出 店だとしている。

米プロバスケットボール協会(NBA)のシャキール・オニール 選手とスポンサー契約を交わす同社は、国内市場への依存軽減のため、 シンガポールや米国でも新規出店を拡大している。中国国内市場では、 カジュアルウエア分野で競争が激しくなっている。同社の海外売上高 は52.2%と急増し、8000万元だった。

同社は発表文で、通期配当を一株当たり0.2254元と、前年の同

0.11元から増やす方針を明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE