日本とアジアの債券保証コスト、約2カ月ぶり低水準-CDS取引

18日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、日本とアジアの社債・国債保証コス トは低下している。

モルガン・スタンレーによれば、日本の投資適格級発行体で構成 するマークイットiTraxx日本指数のスプレッドは、日本時間午 前9時12分現在、1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下の119bp。CMAデータビジョンのデータによると、これは1月 12日以来の低水準だ。

またシティグループによれば、50の投資適格級発行体で構成す るマークイットiTraxxアジア(日本除く)指数のスプレッドは、 シンガポール時間午前8時20分(日本時間同9時20分)現在、1 bp低下の90bp。CMAのデータに基づくと、1月13日以来の低 水準となった。

シティによれば、オーストラリアの投資適格級発行体に連動する マークイットiTraxx豪州指数のスプレッドは、シドニー時間午 前11時20分(日本時間同9時20分)現在、ほぼ変わらずの79.5 bp。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE