仏ソシエテGを元従業員が提訴-9億9000万円の退職金めぐる英訴訟

フランス2位の銀行、ソシエテ・ ジェネラルの元従業員が解雇に伴う退職パッケージの金額を不服とし て、同行を相手取った訴訟をロンドンの英高等法院に起こした。元従 業員は提示された800万ユーロ(約9億9000万円)は、本来受け取る べき金額を「大幅に下回っている」と主張している。

元従業員は、2007年11月に解雇された欧州債券セールス部門の 元マネジングディレクター、ラファエル・ガイズ氏。代理人のデービ ッド・キャベンダー弁護士は訴状で、雇用契約に基づきゲイズ氏が受 け取るべき退職パッケージの金額は、同年12月の提示額より多いと指 摘した。

同弁護士によると、ソシエテは提訴が契約違反に当たるため、ゲ イズ氏への退職金は支払われないとしている。訴訟の審理は今週始ま った。

弁護士によれば、ゲイズ氏はソシエテに3年間勤務。解雇時の給 与は15万ポンド(約2100万円)だった。所属部門の総収入は在職期 間中に2倍以上になり、4億4000万ユーロに達した。

ソシエテの広報担当によると、同行は全面的に争う方針。

-- Editors: Christopher Scinta, Anthony Aarons.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Lindsay Fortado in London at +44-20-3216-4806 or lfortado@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Anthony Aarons at +44-20-7673-2227 or aaarons@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE