Paltacの初値2079円、公募比5.5%安-成長期待薄

化粧品・日用品の卸売事業を手が けるPaltacが18日、東証・大証1部に新規上場した。初値は公 募価格2200円を5.5%下回る2079円となり、その後2010円まで下げ た。卸売事業という業態に成長期待を持ちにくいとして投資家の人気が 低いほか、株式公開規模が大きく需給面も警戒されている。

水戸証券投資情報部の岩崎利昭課長は「一度非上場となった後、再 上場になるまでの経緯が不透明。成長期待が乏しいうえ、親子上場であ ることも株価のディスカウント要因」と語った。

同社はメディセオ・パルタックホールディングスの子会社。公募 700万株、オーバーアロットメントを含む売り出し1140万株を実施し、 公開規模は404億円と、ことし上場した5社の中では最も大きい。今期 (2010年3月期)の経常利益は前期比3.5%増の125億円の見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE