米カルパース、1年間の運用成績はプラス22%に回復-ディアCIO

【記者:Michael B. Marois】

3月17日(ブルームバーグ):米最大の公的年金基金、カリフォ ルニア州職員退職年金基金(カルパース)は、株価上昇にけん引され て、この1年間のリターンが2割強に達した。ジョゼフ・ディア最高 投資責任者(CIO)が明らかにした。

ディアCIOが17日のカルパース理事会で報告したところでは、 株式の運用成績が2月末までの1年間でプラス58%、債券はプラス 25%。ポートフォリオ全体のリターンは22.3%だった。カルパースの 運用資産は15日時点で2050億ドル(約18兆5300億円)。

ディアCIOは「市場は紛れもなく改善しており、深刻な金融危 機のどん底に陥るのではないかと悩まされることはなくなった」と語 った上で、「市場環境はまだ確かに脆弱(ぜいじゃく)なままだが、信 頼感は強まっている」と述べた。

カルパースは2009年6月期の運用成績がマイナス23%だった。 運用資産は米証券リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破産申 請した08年9月15日から09年1月31日までに610億ドル減少した が、10年1月11日には2072億ドルと、1年2カ月ぶりの高水準に持 ち直した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE