米ゴールドマンのオニール氏:米議会は中国人民元問題で駆け引き

米ゴールドマン・サックス・グル ープのチーフエコノミスト、ジム・オニール氏は、米議会は中国に人 民元上昇を促すことで政治的な駆け引きを演じていると指摘した。

米上院のシューマー議員(民主、ニューヨーク州)とグラハム議 員(共和、サウスカロライナ州)らは今週、元高を容認するよう中国 への圧力を強める法案を復活させた。同法案は、通貨が適切に調整さ れていない国の認定を米政府に義務付けるもので、その通貨が過小評 価されていると考えられる場合には輸入関税を導入しやすくする内容 も盛り込まれた。

オニール氏は17日のロンドンでの記者会見で、議会の懸念は「あ る程度理解できるが、見当外れだ」と述べた。さらに、議会の動きは 「駆け引きのようなもの」で、「いつもの中国たたき」の一環だと付け 加えた。

同氏はロンドンの外国特派員協会で記者団に対し、人民元は「実 際のところ、もうさほど過小評価されているわけではない」と指摘。 「この問題をめぐり多くの政治的懸念があるのは残念だ。重要なのは、 危機後に中国が輸入を大幅に増やしていることだ」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE