米AIGの航空機リース部門、総額20億ドル相当の優先債を起債

米保険会社アメリカン・インタ ーナショナル・グループ(AIG)の航空機リース部門、インター ナショナル・リース・ファイナンス(ILFC)は、総額20億ド ル(約1800億円)規模の優先債の条件を決定した。事情に詳しい 関係者1人が明らかにした。

条件決定が公表されていないことを理由に同関係者が匿名を条 件に語ったところでは、起債したのは2015年償還の優先債(表面 利率8.625%)と17年償還の優先債(同8.75%)各10億ドル相 当。発行利回りはそれぞれ、同年限の米国債を652ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上回る9%、同617bp上回る

9.25%。

同社は16日の発表資料で、調達資金を既存の債務返済に充てる 方針を示していた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net  Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Anna-Louise Jackson in New York at +1-212-617-6854 or ajackson33@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mitchell Martin at +1-212-617-5693 or mmartin53@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE