米医療改革法案の採決に遅れも-財政赤字削減目標の設定めぐり

米民主党は医療保険制度改革の詰 めの作業を急いでいるが、財政赤字削減目標の設定をめぐり、関連法 案の採決が遅れる可能性が出てきた。

民主党は、昨年12月に上院で可決した法案の修正案が、最初の 5年間で連邦財政赤字を20億ドル削減させ、その後も赤字拡大につ ながらないことを示す必要がある。関連支出の最終的な推計は、議会 予算局(CBO)から先週にも提示される見通しだった。

民主党のペロシ下院議長(カリフォルニア州)は16日、最終的 な赤字削減目標を最初の10年間で1000億ドル、次の10年間で1兆 ドルとの見通しを示した。ホイヤー下院院内総務(メリーランド州) など民主党指導部は引き続き今週中の採決を見込んでいる。

ただペロシ議長とリード上院院内総務(ネバダ州)は、CBOが 支出の推計を提示するまで、手続きを進めることができない。リード 院内総務によると、CBOとの作業は数日にわたり続いているという。

議会は、2週間の休会入りとなる26日までに採決を終えたい考 え。オバマ大統領は態度を決めていない議員への働き掛けを強めてお り、19日にはここ2週間で4回目となる医療保険改革の演説をバージ ニア州フェアファックスで予定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE