米ナイキの12-2月期:2倍強の増益、北米で増収-株価急伸

運動靴メーカー世界最大手、米ナ イキの2009年12月-10年2月期(第3四半期)決算は前年同期比2倍 強の増益となり、アナリスト予想を上回った。北米事業が1年ぶりに 増収となったことなどが寄与した。決算発表を受けて株価は急伸して いる。

ナイキの17日の発表資料によると、第3四半期の純利益は4億 9640万ドル(1株当たり1.01ドル)と、前年同期の2億4380万ドル (同50セント)から増加。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト 18人を対象にまとめた予想平均では、1株利益は89セントと見込ま れていた。

3-7月に納入予定の同社製運動靴・アパレルの受注額は為替変 動の影響を除いて6%増加した。ブルームバーグがまとめた4人のア ナリストの予想平均は2.4%増だった。

決算発表後の時間外取引で、ナイキ株は前日比2.17ドル上昇し、

73.05ドルを付けている。通常取引終値は前日比50セント高の70.88 ドルと、1982年11月以来の高値。年初来では7.3%上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE