NY原油(17日):上昇、82ドル突破-原油輸入と製品在庫の減少で

ニューヨーク原油相場は上昇。原 油輸入と石油製品在庫の減少を手掛かりに、1バレル=82ドルを突破 した。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が発表した在庫統計 によると、3月12日終了週の原油輸入は0.8%減少し、2002年以 来の低水準となった。ガソリン在庫のほか、ヒーティングオイル(暖 房油)とディーゼル油を含む留出油在庫も減少。減少幅はアナリス ト予想を上回った。石油輸出国機構(OPEC)加盟12カ国の閣僚は、 ウィーンで開いた総会で生産上限枠の据え置きを決めた。

エネルギー顧問会社、オイル・アウトルックス・アンド・オピ ニオンズのカール・ラリー社長は「原油輸入は本当に極めて低い水準 まで減少した。原油はほかの国に回っており、米国は望んでいるほど の原油を輸入できずにいる」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前 日比1.23ドル(1.51%)高の1バレル=82.93ドルで取引を終了し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE