NY金:3日続伸、ドル先安観で買い継続-終値1124.20ドル

ニューヨーク金先物相場は3日 続伸。ドルが下落するとの見方から、代替投資先としての金の魅力 が増した。

主要6通貨のバスケットに対するドル指数は下落。16日には、 米連邦公開市場委員会(FOMC)が「長期にわたり」異例の低金 利を維持することをあらためて表明したことで、0.6%安まで売ら れた。2009年にはFOMCが政策金利を過去最低に維持するなか、 金は年間ベースで24%上昇した一方、ドルは4.2%下落した。

ラサール・フューチャーズ・グループのシニアアナリスト、ケ ビン・ダビット氏(シカゴ在勤)は、「FOMCは時期尚早な利上 げには極めて消極的だ」と述べ、「金融緩和政策はドルを弱める一 方、金を強める可能性がある」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物4月限は前日比1.70ドル(0.2%)高の1オンス=1124.20ド ルで取引を終了した。前2営業日では1.9%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE