ギリシャ首相:IMFへの支援要請含むあらゆる選択肢残す

ドイツのメルケル首相が欧州連合 (EU)にギリシャ支援を「性急」に決定しないよう警告したなか、 ギリシャのパパンドレウ首相は、国際通貨基金(IMF)への支援要 請の可能性を引き続き残しておく考えを明らかにした。

パパンドレウ首相は17日にEUの行政執行機関である欧州委員 会のバローゾ委員長とブリュッセルで共同記者会見し、「ギリシャがな お6%を超える不当に高い金利で借り入れを続ける」限り、同国はE Uによる解決を望みながらも「あらゆる選択肢」を残すことになると 述べた。

欧州の財務相らは今週、ギリシャへの緊急支援の枠組みを承認し たものの、最終的な承認は3月25-26日にブリュッセルで開かれる EU首脳会合に託した。パパンドレウ首相はギリシャ国債に売りを仕 掛けて金利上昇を招いてきた投資家の攻撃をかわすため、支援の仕組 みについて詳しく説明するようEUに要請している。

IMFによるギリシャ支援の選択肢をめぐっては欧州中央銀行 (ECB)のトリシェ総裁やフランスのサルコジ大統領らが否定的見 解を示してきたが、ドイツは公的資金をギリシャに投入するよりもI MFがギリシャ支援で役割を担うことを支持しているとみられる。

メルケル首相率いる与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・C SU)で金融問題の広報担当を務めるミハエル・マイスター議員はイ ンタビューに答え、IMFの後ろ盾がない「ギリシャ救済の試みは極 めて向こう見ずなものになろう」と述べ、「IMF以外にこうした手段 を持つ者はいない」と指摘。メルケル首相も17日に連邦議会で行っ た予算に関する演説の場で、EUが「あまりにも性急」にギリシャへ の金融支援を約束しないよう警告した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE