米プレイボーイ:アジアでライセンス事業強化、3年内に収入倍増目指す

米男性誌「プレイボーイ」の発行 元であるプレイボーイ・エンタープライゼズは、3年以内にアジア 市場でのライセンス収入を倍増する計画だ。同社はまた、新しいパ ートナー企業とともに偽造品の取り締まりを強化する。

同社のスコット・フランダーズ最高経営責任者(CEO)は15日、 ブルームバーグのインタビューに応じ、同社のアジア市場からのラ イセンス収入は年間約1000万ドルに上ると語った。同CEOはまた、 一般にブランド偽造品の売り上げは純正品を「数倍」上回ると推定 されていると述べ、特に有名ブランドの場合は被害が大きいと指摘 した。

プレイボーイはライセンス収入の増加を目指して、テレビ番組や 雑誌関連商品、ナイトクラブ、商品販売事業でのパートナー企業を 模索している。同社は2011年の黒字確保に向け事業再編を進めてお り、ライセンス収入拡大はこの一環だという。アジアでのライセン ス事業をめぐっては先月、IMGライセンシング・ワールドワイド との合意を発表した。

フランダーズCEOによると、IMGは偽造品の取り締まりやラ イセンス料徴収を管理する。

原題:Playboy CEO Plans to Double Asian Licensing Sales in 3 Years

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE