米通貨監督庁長官:金融改革法案、消費者保護局構想に「重大な懸念」

ドゥガン米通貨監督庁(OCC) 長官は、上院の金融改革法案に盛り込まれている消費者保護局の設立 構想には「重大な懸念」を抱いていると述べた。

ドゥガン長官は17日、ドッド上院銀行委員長が提案する米連邦準 備制度理事会(FRB)内の消費者保護局創設について、「あらゆる場 合で消費者保護が優先されており、金融機関の安全性と健全性はない がしろにされるだろう。それは本末転倒だと考えている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE