インド株(終了):続伸、2カ月ぶり高値-FOMC声明で成長期待

インド株式相場は続伸。指標の センセックス30種株価指数は2カ月ぶり高値となり、年初来の下落分 を取り戻した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利をゼロ 近辺で維持するとあらためて表明したことから、世界的な経済成長が インド内需を刺激するとの楽観が広がった。

インド2位の銀行、ICICI銀行は1.9%高。FOMCは16 日、米景気が勢いを強める中、「長期にわたって」低金利を維持する 意向をあらためて表明した。国内最大のエンジニアリング会社、ラー セン・アンド・トゥブロは1.7%上昇。100億ルピー相当の契約を獲 得したことが好感された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比106.90ポイン ト(0.6%)高の17490.08で終了。同指数は今年に入ってから一時

9.6%安となったものの、この日の上昇で年初来の下げを消した。

ICICI銀(ICICIBC IN)の終値は948.55ルピー、ラーセ ン(LT IN)は1626.95ルピーで引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE