IMF専務理事:景気刺激策解除、早過ぎてはいけない

国際通貨基金(IMF)のストロ スカーン専務理事は17日、景気刺激策の解除が早過ぎてはいけないと の認識を示した。

同専務理事はブリュッセルの欧州議会委員会で、「今われわれに必 要なのは財政の持続性を回復させる戦略だが、刺激策の解除を急ぎ過 ぎて景気回復を危険にさらしてはならない」と指摘。「主な支出の伸び を抑え、必要なら収入を増やすことも不可欠だ」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 東京 笠原文彦 Fumihiko Kasahara +813-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Meera Louis in Brussels at +32-2-237-4328 or mlouis1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE