プロミス:神内会長が退任、会長職を廃止-「脱」創業家、銀行色鮮明に

消費者金融大手プロミスは17日、 創業者一族の神内博喜会長(56)が3月31日付で顧問に退くと発表し た。日本消費者金融協会などの業界活動に専念したいとの本人の申し出 を了承した。会長職は廃止する。これで創業家出身の役員はいなくなり 株式の約21%を保有する三井住友銀行色が一層鮮明になる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE