伊ウニクレディト10-12月:27%減益-市場予想は赤字

イタリアの銀行最大手、ウニクレ ディトの2009年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比27%減 益となった。不良債権引当金の拡大や融資業務での利益減少が響いた。

同行が17日にミラノ証券取引所を通じて発表したところでは、純 利益は3億7100万ユーロ(約460億円)と、前年同期の5億500万ユ ーロから減少。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト17人 の予想中央値では、2600万ユーロの赤字が見込まれていた。配当は1 株当たり0.03ユーロを予定している。

純手数料収入は1%増の21億ユーロ、純金利収入は22%減の41 億ユーロだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE