日経平均2カ月ぶり高値、米低金利で輸出中心に買い-日銀決定も安心

日本株相場は反発し、日経平均株 価の終値は約2カ月ぶりの高値を付けた。米連邦公開市場委員会(FO MC)が低金利の長期維持を示唆し、米国景気の下支え期待から電機や 化学など輸出関連株が上昇。投資家のリスク志向の高まりから海外商品 市況が上昇した流れを好感、石油・石炭製品、鉱業株も買われた。

午後には、日本銀行が新型オペの供給額拡大を通じた追加の金融緩 和策を決定。日米金融当局の流動性供給姿勢は、低金利の恩恵を受ける その他金融、不動産株の買いにもつながった。米国の低金利維持はドル 安・円高を招く可能性もあったが、日銀決定を受けドルは堅調に推移、 円の先高懸念も和らいだ。

日経平均株価の終値は前日比125円27銭(1.2%)高の1万846円 98銭、TOPIXは同9.33ポイント(1%)高の947.43。東証1部 33業種は陸運を除く32業種が高い。

MU投資顧問の森川央シニアストラテジストは、「日銀の決定会合 の結果は事前報道の通りだった。ただ、米国が金融政策のかじを大きく 切ることが出来ず、円高になりやすい地合いの対抗策としては評価でき る」と話した。

この日の日本株相場は午後から一段高となった。日経平均は終了間 際に一時142円59銭(1.3%)高の1万864円30銭まで上げ、1月21 日以来の高値を更新した。きっかけとなったのが、日銀金融政策決定会 合の結果だ。日銀は17日午後、新型オペによる供給額を10兆円程度か ら20兆円程度に拡大することを賛成多数で決めた。事前の報道通りの 内容だったものの、為替相場の円の先高警戒感が後退した。

立花証券の平野憲一執行役員は、「政府と日銀によるデフレに立ち 向かう協調姿勢が確認できたことはポジティブだ。世界的に金利は強含 みにある中、為替は円高にはなりにくく、今後日本株は緩やかに上昇し ていくだろう」と見ている。

午後のドル・円相場は、日銀発表直後に一時90円3銭まで円高方 向に振れたものの、その後は再び円売りが優勢となり、円は一時1ドル =90円62銭まで水準を切り下げた。TOPIXの上昇寄与度上位には 電気機器、輸送用機器、化学など輸出関連業種が並んだ。

ただ、一部で期待されていたほどの大幅な円安進行とはならなかっ た。米連邦準備制度理事会(FRB)が16日開催のFOMCで、政策 金利のフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を長期にわたり、ゼ ロ近辺にとどめる方針をあらためて示したことが背後にある。

為替はなお注視、売買も増え切れず

岡三アセットマネジメントの伊藤嘉洋上席ストラテジストは「米国 では『出口戦略』の話は出て来なかったため、相場は日米金利差が拡大 すると見ていない。このため、為替相場は一段のドル高・円安に向かい にくい」と指摘。1ドル=92円台に入るなど、レンジを大きく変える 動きにはならないと予想する。投資家の根強い警戒姿勢を示すように、 東証1部の売買代金は1兆3465億円と、過去1年間の平均1兆4246億 円を下回り、指数の上昇の割に盛り上がらなかった。

業種別の動きを見ると、海外時間の為替市場でドルが下落し、代替 投資としての商品相場の魅力が高まったことで、ニューヨーク原油先物 など海外商品相場が軒並み上昇。業績への好影響を見込み、業種別33 指数の値上がり率上位に石油・石炭製品や鉱業が並んだ。日銀の追加の 金融緩和策を好感し、その他金融や銀行、不動産なども堅調。

ギリシャ財政懸念の後退も相場を支えた。格付け会社のスタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)が、ギリシャの長期格付けの「クレジ ットウオッチ・ネガティブ」を解除、東京時間のユーロ・円相場は一時 1ユーロ=124円98銭と、前日の東京株式市場の終了時刻(同123円 40銭)から円安方向に振れた。欧州依存度の高い企業が多いガラス・ 土石製品指数は52週高値を更新した。

DNAが急騰

個別では、携帯ゲームの好調で10年3月期の連結純利益予想を前 期比32%増の105億円に増額修正したディー・エヌ・エーが急騰。資 産担保証券(ABS)を発行して500億円程度を調達する見通し、と 17日付の日本経済新聞が報じたプロミスも買われた。亜鉛価格上昇な どで10年3月期の連結業績予想を上方修正した三井金属も大幅反発。

半面、研究開発費の増加などで、10年1月期の連結営業利益が前 の期比47%減だったサイボウズが大幅反落した。東証1部の値上がり 銘柄数は1243、値下がり308。

新興3市場は軒並み高。ジャスダック指数は前日比0.5%高の

52.62、東証マザーズ指数は同1.5%高の432.48、大証ヘラクレス指数 は同0.5%高の603.96。ジャスダック指数は08年9月29日以来、東証 マザーズ指数は09年11月4日以来の高値を更新した。

個別では、非臨床試験の受注回復で10年3月期の業績予想を上方 修正したイナリサーチがストップ高。10年3月期の連結営業損失は4 億500万円に赤字幅が縮小する見通しになった野村マイクロ・サイエン スが52週高値更新した。グリー、ミクシィ、ACCESSなどネット 関連株も高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE