米FRB議長:銀行監督は金融政策に有効-17日に議会証言

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は17日の議会証言で、FRBの銀行監督権限は金融政 策と金融安定化の役割を「大幅に改善」させるものだとの見解を示す。

同議長は下院金融委員会の公聴会で、「FRBがあらゆる規模の銀 行の監視に参画することは、中央銀行としての機能を遂行する能力の 大幅な改善につながる」と述べる。ブルームバーグ・ニュースが証言 テキストを入手した。公聴会は金融政策と銀行監督業務の関連性が焦 点になる。

バーナンキ議長と地区連銀総裁は、FRBの監督権限が金融政策 を補完しているとして、権限の大半を奪う議会の取り組みに反発して いる。同議長は1月、上院に11ページの書簡を送付し、FRBは銀行 監督権限を保持し続けるべきだと主張。地区連銀総裁も議員への書簡 やスピーチでこの主張を支持している。

クリストファー・ドッド上院銀行委員長(民主、コネティカット 州)は今週、FRBの監督対象を資産500億ドル(約4兆5200億円) 超の銀行持ち株会社に限定する法案を発表した。同案によると、その 他の銀行は連邦預金保険公社(FDIC)と通貨監督庁(OCC)が 監督権限を持つ。

バーナンキ議長は、議会証言で「FRBは広範な専門知識を持つ ため、大規模で複雑な金融機関を監督したり、安全・健全性を脅かす リスクや金融システム全体の安定性に対するリスクに対処にするのに 特に適している」と指摘する。さらに同委員長案は直接言及しない形 で、下院案はFRBが必要とする権限を守るものになるとの見通しを 示す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE