シューマー米上院議員ら、人民元めぐり中国に圧力かける法案を復活

米上院のシューマー議員(民主、 ニューヨーク州)とリンゼー・グラハム議員(共和、サウスカロラ イナ州)、シェロッド・ブラウン議員(民主、オハイオ州)は、人 民元高を容認するよう中国への圧力を強める法案を復活させた。

法案の素案は2007年に検討された措置と同様の内容で、対ド ルで通貨相場が適切に調整されていない国の認定を、米財務省に義 務付けるものだ。超党派による今回の法案には、過小評価された通 貨の影響を補償するため、企業が輸入関税を一段と要求しやすくす ることも盛り込まれた。

ブラウン議員は16日、首都ワシントンでの記者会見で、「オバ マ米大統領は輸出を倍増させる構想を示したが、為替問題の解決な くしては断じて実現できない」と語り、「中国の為替政策は純然た る保護主義だ」と強調した。

米議員らは、世界的にみて自国の輸出業者に有利な水準に人民 元相場を維持している中国の為替政策について、オバマ大統領がよ り強硬な姿勢を取るよう促している。シューマー議員は、米国が輸 出の機会や雇用を失いつつあり、中国の為替政策は強制力でしか変 えられないと主張した。

一方、下院歳入委員会のサンダー・レビン委員長代行(民主、 ミシガン州)は別の記者説明会で、中国は人民元を「不正に操作」 し、「現実に反した」見解を持っていると述べた。レビン委員長代 行は24日に公聴会を予定しており、人民元について「より多角的 なアプローチ」を目指す立場を示した。

ギブズ米大統領報道官は人民元問題で中国に対して行動を起こ そうとする議会の取り組みについて直接のコメントは控え、オバマ 大統領が中国の胡錦濤国家主席との会談で、「人民元に関して市場 志向のアプローチ」の採用を中国政府に要請したことをあらためて 指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE