米OSIファーマを株主が提訴-アステラス製薬の買収提案拒否めぐり

アステラス製薬による米OSIフ ァーマシューティカルズの株式公開買い付け(TOB)をめぐり、O SIの株主1人が、同社取締役会がいわゆるポイズンピル(毒薬)と 呼ばれる買収防衛手段を使用するのを阻止するため、デラウェア州の 裁判所に訴えを起こした。

この株主は16日に提出した訴状で、OSIの取締役会がポイズン ピルの不適切な使用や交渉開始のための「不合理な」条件設定などを 通じ、現経営陣を保護する行動は禁止されるべきだと主張した。

アステラスは16日、OSI取締役会が買収提案を拒否するよう株 主に求めたのに対抗し、アステラスが推す10人の取締役候補を明らか にした。OSIのコリン・ゴダード最高経営責任者(CEO)は15 日、アステラスの買収提案はがん治療薬「タルセバ」の年間収入見通 しを適切に反映していないと指摘した。

OSIの広報担当アンディ・ブリマー氏は、訴訟に関するコメン トを控えている。

OSIの16日株価終値は4セント安の57.98ドル。アステラスか ら1株当たり52ドルの買収提案を受けたと発表した3月1日には、 52%高の56.25ドルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE